こんなドレスで海外ウェディング

>

基本的なものの費用

まずは挙式を挙げるための基本的な費用について取り上げたいと思います。

現地で必要になるのは、会場の使用料や牧師さんへの謝礼などです。
これは何が何でも絶対必要になるので、お忘れなくご準備しておきましょう。

そして、結婚式を挙げるにあたって無くてはならないのが、結婚証明書です。
「自分たちは結婚式を挙げます」という証拠の書類ですので、必需品です。

その他には、介添え役の方へ支払う介添え料、音楽の使用料やチャペルの装花料もかかってしまいます。

忘れてならないのが、チケット代やホテル代などの旅費や現地で購入するおみやげ代ですね。

このように、海外での挙式になると、ドレス代の他にもさまざまな費用がかかるようになっています。

オプションは何があるのか

こちらでは、挙式のときにあったら便利かつ盛り上がるであろうオプション系のものの予算をたたき出してみます。

まずは、ドレスを彩るのに欠かせないブーケやヘアメイク代やエステ代ですね。
これは新婦さんを美しくするためにとても重要なものなので、女性としては節約したくない箇所ですね。

次には、式で使用する写真や動画を撮影するための費用、引き出物用のアルバムやDVDを作成する用の費用ですね。
これは式を盛り上げるために、そして式の思い出とお客さんの記憶に残るものとして是非とも作成しておくべきものの一つです。

最後には、二次会などのパーティ用の費用やその他もろもろのお金がかかるようになっています。
なるべくこれらのことをお忘れにならないようにしてください。


海外挙式で人気のドレスを調べてみよう!

この記事をシェアする